当帰芍薬散の副作用について

 

当帰芍薬散の副作用について

漢方薬にももちろん合う人、合わない人がいますので当然副作用が出てしまう人がいます。

 

その場で倒れたりはしないのですが、ゆるやかに「あ、これ副作用!?」と言った感じで出る事が多いようです。

 

それではその副作用の例を紹介します。

 

 

胃腸の不快感

多くの副作用が胃腸に偏っています。

 

下痢、嘔吐、腹痛、食欲がなくなる感じですね。

 

しかしこれらは一時的なものが多く、次第に慣れていく事が多いのですがどうしてもそれがダメな場合、または健康を損なってると感じてしまう場合はすぐに買った所で相談し、使用を中止。そして漢方薬を変えてみる事をお勧めします。

 

漢方薬は食前に飲む事が多いので、すきっ腹に飲んでしまう事で胃腸に不快感が来易い人がいるのです。

 

どうしても飲みたい場合などは、一度食後に飲んで試してみて下さい。

 

胃腸の不快感が無くなるかも知れませんよ。

 

 

発疹、かゆみなど肌のトラブル

漢方薬で発疹、かゆみなどが出る人が居ます。

 

基本的に合わないのかもしれないのですぐに使用を中止しましょう。

 

また、春など季節の変わり目ですと乾燥肌になりやすく、最近では毎年のように春の乾燥肌が倍増しているのでそれも疑ってみましょう。

 

原因は花粉もですが最近多いのが、黄砂です。

 

年々酷くなっているので注意しましょう。

 

だるくなる

だるくなる事も報告されています。
 
これは次第に慣れてくるのですが、あまりにもだるい場合は使用を中止しましょう。

 

そしてあまりにもだるい場合はビタミン不足も考えられますので、ビタミンを取るようにするといいでしょう。

 

 

当帰芍薬散はあまり副作用がないことで有名な漢方薬です。

 

ですが効果は高く、不妊外来で当帰芍薬散を出されて飲んでいるという人も多いのではないでしょうか?

 

それだけ色んな人に対応している漢方薬なので安心して飲んでくださいね。

 

たまに太ったという人がいますが、不妊を気にしだすと激しい運動を控えたりするので自動的に太る傾向にあるので安心して下さい。

 

 

妊婦と赤ちゃんのための大事な栄養素「葉酸」

妊娠中や妊娠前に葉酸を採らなければならないと聞いたことがあるとおもいます。

これは母子手帳にも葉酸の摂取について記されているほどで、しっかりとした化学的な根拠があります。

そもそも葉酸とはビタミンB群の一種ですが、その他の栄養素とは大きく違った働きを持ちます。それは胎児の神経系の発達のサポートをするという働きです。

さらに胎児はお腹にいる時に様々な栄養を必要としますが、葉酸は栄養を効率的に胎児に届けるサポートも行うのです。

まさに妊娠中の女性には必須とも言うべき栄養なのです。
 
これらが不足するとお腹の赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか。

妊娠中に葉酸が不足すると、胎児が先天性の神経系の病気を持って生まれてくる確率が高まってしまうのです。

さらにこれは妊娠してからだけでなく、妊娠前にも当てはまります。

妊娠初期は神経系の生成が活発に行われるので特に葉酸が必要になります。

妊娠前のお母さんの葉酸が不足していると、いざ妊娠した時に葉酸が間に合わないのです。

さらに妊娠中はお母さんの体内の鉄分が不足がちになるので、貧血を引き起こしてしまいます。

しかし葉酸は貧血予防の効能としても知られているので、妊婦さんの体調をしっかりとサポートしてくれるのです。

このように葉酸は赤ちゃんだけでなく、妊婦さんにも大事な要素の詰まった大事な栄養なのでしっかりと摂取するようにしましょう。

この商品は一日の葉酸摂取量を満たしていて、完全無添加の天然成分で作られている葉酸サプリです。

詳細はこちらから
更新履歴